電設資材製品

HOME > 電設資材製品トップ > ヒューズ選定

ヒューズ選定システムご利用時の確認事項

特に注意すべき事項

ヒューズの選定結果について

変圧器は形式により特性が異なるため、形式毎に適切なヒューズの定格電流を選定する必要があります。

ヒューズ選定結果は選定条件を仮定した参考情報となります。

必ず、お客様で使用される変圧器の特性を確認のうえ、適切なヒューズの定格電流を選定するとともに、必要な二次側短絡保護装置を設けてください。

単相、三相一括保護方式における変圧器の二次側短絡保護(変圧器の定格電流×25倍、2秒遮断)については総合カタログのヒューズ選定表を確認ください。

ヒューズ選定について

変圧器保護における高圧気中しゃ断器用ヒューズについて

【 ヒューズ選定の条件 】

変圧器の励磁突入電流は、
単相の場合:定格電流×12倍(但し、単相100kVA以下は15倍)、0.1秒通電
三相の場合:定格電流×10倍、0.1秒通電

を基準として選定しています。

変圧器保護における高圧カットアウト用ヒューズについて

【 ヒューズ選定の条件 】

変圧器の励磁突入電流は、
単相の場合:定格電流×12倍(但し、単相100kVA以下は15倍)、0.1秒通電
三相の場合:定格電流×10倍、0.1秒通電

を基準として選定しています。

変圧器保護用の高圧限流ヒューズについて

【 ヒューズ選定の条件 】

  1. ① 変圧器の励磁突入電流は、変圧器の定格電流×10倍、0.1秒通電を基準として選定しています。
  2. ② 力率改善用のコンデンサの容量は、三相変圧器の容量の1/3以下と仮定し、コンデンサの突入電流は無視しました。
    1. 変圧器の定格電流×10倍の励磁突入電流が0.1秒間継続するものと想定し、この繰返しに100回耐えるヒューズとして定格電流の値を選定しています。
      励磁突入電流が変圧器の定格電流×10倍、0.1秒通電より大きい場合又は繰返し回数が100回より多い場合は、特性曲線の許容時間―電流特性によりヒューズを選定していただくか当社にお問い合わせください。
    2. 6.6/3.3kVタイトランスの一次側保護用に使用し、3kV側が電動機負荷の場合は、電動機保護用としてヒューズを選定してください。
    3. 電動機の始動電流は、10秒通電と仮定して選定しています。
      巻線形の場合は始動電流を確認のうえ選定してください。

コンデンサ保護用の高圧限流ヒューズについて

【 ヒューズ選定の条件 】

  1. ① コンデンサの突入電流は、定格電流×70倍、0.002通電と仮定して選定をしています。
  2. ② 並列コンデンサがある場合には、投入時に並列コンデンサからの流れ込みがあるために、次のことを考慮してください。
    1. ⑴ 各コンデンサに直列リアクトル(6%)を設置します。
    2. ⑵ 並列コンデンサからの流れ込みに耐える大きめのヒューズを選定します。
  3. ③ 並列コンデンサがあり、各コンデンサに直列リアクトル(6%)設置の場合、並列コンデンサなしの選定をすることができます。
  4. ④ 並列コンデンサが2台以上の場合、コンデンサの合計容量で選定します。(図1)
  5. ⑤ 13%リアクトル対応コンデンサご使用時には、ヒューズをリアクトルとコンデンサの間に設置しないでください。(図2)

戻 る確認しました

HOME > 電設資材製品トップ > ヒューズ選定

ページの先頭へ

電設資材製品のお問い合せはこちら

  • ヒューズ選定
  • 単線結線図機種検索
  • 製品動画

図面データ ダウンロードページへ 図面データ 早見表ページへ

  • SOG点検シート
  • 電設資材製品トップ
  • SOG(架空線用高圧気中開閉器)
  • AOG(架空線用高圧気中しゃ断器)
  • 架空線用高圧開閉器(全閉形・開放形)
  • UGS・UAS(地中線用自立形高圧開閉器)
  • UCLD(地中線用自立形高圧開閉器)
  • 高圧キャビネット(地中線用自立形高圧開閉器)
  • PC(高圧カットアウト)
  • LBS(限流ヒューズ付高圧負荷開閉器)
  • 高圧ヒューズ(PFG形等)
  • SVG(電圧補償装置)
  • その他 製品